なぜ 木.楽.舗.サイトを作ったか

  1. 木.楽.舗.→「木」「楽しく」「Web店舗」
  2. 協力会社の方・お客様とネットワークを結び、繋がりを大切にしたい、との想いから。
  3. お客様と製作者との「想いを繋ぐ」ことを信条としている。
  4. 手の届空間 ⇒ 家具で作れます ⇒ 例) 書斎、ソファーをコックピット風に。
  5. オーダー(オリジナル)家具を通して、快適な毎日を実現する お手伝いがしたい。
  6. 木工所・鉄工所・ガラス・塗装・ファブリック など、幅広い業種とのネットワークを構築している。

「フレキシブル家具」という、
新しい家具の形。

従来のオーダー家具だと・・・

平面的な図面だけで、
できてみると
イメージと違う。

家具の完成後に
カスタマイズが
できない。

工事完了後に追加の
施工費用を
請求される。

メールと電話でしか
連絡が
できない

立体的な図面と、
完成予想図をお出しするので
完成イメージがわかりやすい!

お客さまからも、立体的でわかりやすいとご好評いただいております。
家具だけではなく、お部屋のイメージに合わせた設置図もお出ししております。
実際にお部屋に家具があるような形でご想像していただけるので、他社と比べてできるまでの不安やイメージのズレが少ないのが特徴です。

木.楽.舗.だからできる、
完成後もカスタマイズ可能な
「フレキシブル家具」!

作った後のことを考えてますか?
完成後のカスタマイズも考えた家具造りをしています。
生活様式の変化に柔軟に変化できるように、どのようにすればお客様が使いやすいのか?
フレキシブル家具だからこそできる変化をお楽しみください。

お客様よりよく聞く、
施工完了後の追加費用のご請求。

Information

当社では原則追加費用を頂いていおりません。
お客さまからよく伺うお話で、「追加で○○の工賃がかかります。」
「搬入の際に一度、家具をバラさないといけないので追加工賃を下さい。」等のお声をよく伺います。
設計や現地調査が甘いと、このような形で追加費用を請求されるケースが多いのが事実です。
木.楽.舗.では、そうならないようにしっかりとした設計でトラブルのがおこらないよう努めております。

連絡方法が選べないので、
レスポンスが遅くスムーズに決まらない。

line

当社では、お客様のご希望にあわせた柔軟なご連絡方法をお選びいただけます。
LINEの公式アカウントも取得しておりますので、LINEでのご連絡やお写真・設計図のご報告にも対応しております。
ご納品時には必ず女性が同行しますので、ご安心しておまかせして頂いております。
ご連絡のレスポンスも迅速に対応しております。
追加でのご相談にもレスポンスよく柔軟にご提案させて頂いております。

「フレキシブル家具」と、
従来のオーダー家具との違い

               
通常のオーダー家具 木.楽.舗.のオーダー家具
価格
制作途中で追加費用がかかることがある

立体図面を作成するので、ほとんど追加費用がかからない
サイズ
1mm単位で調整が可能

1mm単位で調整が可能
カラー
業者によって異なる

メーカーの素材を見ながら選ぶことができる
自由度
セミオーダーの場合は、制限がある

ご要望に合わせたフルオーダーなので自由に設計可能
製造場所
海外の工場で作る場合がある

完全国内生産で、職人さんの手作り
完成後のカスタマイズ
拡張性が低いので、追加費用がかかる

あらかじめ、フレキシブルに製作

木.楽.舗.で解決した事例のご紹介


ベッドでのケース

Request・マットレスと掛け布団、毛布、枕が起きてすぐに簡単に干せるようにしたい
・通気性をもたせたい
・現在シングルマットレスだが、後々セミダブルに買い替えできるようにしたい
・タタミ6畳の部屋に設置すが、極力圧迫感はなくてほしい
・賃貸マンションなので、引っ越しも考慮して搬出入もできるようにしたい
・寝間着など、ちょっとした服をポンと掛けれるようにしたい
・自然素材が好きなので、無垢材を生かすよう製作してほしい
・ヒノキの匂いが好きなので、どこかにヒノキを使用してほしい
・ベッドを動かさずに掃除できるようにしてほしい
・ちょっと秘密基地っぽくしたい
・どこにもない、たった一つのベッドにしたい!
木.楽.舗. Anser・ベッドフレームのみでなく、布団干しも一体型として製作
・金物を使用し、組み立て式に
・自然素材が呼吸できるように、塗膜で仕上げ
・掃除しやすいように、スノコ部分は3分割にして取り外し可能に
・マットレスの下になるスノコ部分を、すべてヒノキ材で製作

デスクでのケース

Request・既存のトール(長方形)収納の横に引戸額縁までのデスク+収納を設置したい
・椅子を置いてそこに座ると、手をのばす範囲である程度の行動が完結する「書斎風」にしたい
・シースルー風にしてほしい
・TOPは掃除がしやすいようにガラスで
・時にリビングを広めに使用したい場合、デスクを簡単に収納したい
木.楽.舗. Anser・設置家具を、木目の生かした自然な風合いで仕上げ
・コックピット型を意識して、デザイン・レイアウトを考案
・無垢の角材を綺麗に製材し、すのこ風にしてシースルー感を演出
・透明ガラスで掃除のしやすさだけでなく、シースルー感も醸し出す
・気分に合わせて配置替えしやすいよう、あえてシンプルな形状で製作

BLOG